TESE

「TESE」とは?

精巣の造精機能に障害がある男性に対し、精巣を直接調べて精子の有無を検査する方法を「TESE(精巣精子採取法)といいます。この治療法の確立により、以前では子供を授かることをあきらめざるをえなかった「非閉塞性無精子症」などの方でも、妊娠への可能性が開かれるようになりました。
しかし、この方法で採取される精子の数はとても少ない場合が多いため、その後は顕微授精による治療へと移行します。また、検査をしても精子自体が見つからなかったり、質の悪い精子しか確認できないといった場合もあります。その場合は、受精能力で勝る「後期精子細胞(精子になる一歩手前の状態の細胞)」を探してそれを採取、そして顕微授精をおこなっていきます。

矢崎 智子先生

TESE治療の流れ

TESE検査は、陰嚢を0.5cm~1cmほど切開し、精巣内部の「精細管」と呼ばれる組織を採取し、そこから精子の有無を調べていきます。

しかしこの方法ですと、ランダムに精細管を採取するため精子が見つかる確率が低いうえに、術後の合併症(血腫形成・精巣委縮・血中テストステロン値の低下など)を伴いやすいというデメリットがありました。そのため現在では、顕微鏡を使って精巣内を観察し、状態の良い精細管を選んで採取する方法へと移行され、精子の採取確率の向上と合併症のリスクの軽減に成功しています。こうして採取された精子は凍結保存され後日顕微授精に用いられるか、もしくは採卵が同時におこなわれている場合はそのまま顕微授精となります。

TESEのリスク

実はまだTESE検査をおこなえる専門医や医療機関が少ないのが現状です。また、その状態により手術時間に差が出てきてしまいます。20分程度の短時間で終わる場合は局所麻酔で日帰りも可能ですが、長時間となる場合は全身麻酔が用いられるため1~2泊程度の入院が必要になる事もあります。

術後は切開した患部や神経のつながっている下腹部・腰あたりに疼痛が3日~1週間ほど続きます。それから費用の面ですが、TESEの手術費用も保険適応外ですので1回当たり約15万~30万円と高額になります。これに顕微授精のための費用もかかりますので、全体でおおよそかかる治療費は80万円前後と考えられます。

身体的な負担も大きい治療法ですが、費用面でもかなりの負担が見込まれます。

矢崎 智子先生