不妊症の原因 男性の場合

不妊の原因は男性にも

赤ちゃんがなかなかできない、そういった不妊の原因を探そうとした時、どうしても女性側の障害ばかりに目がいってしまいがちになります。ですが、妊娠というのは男女があって初めてなるものです。2人の協力があってこそ妊娠に至るわけですから、不妊の原因が男性側にある事も、決して珍しい事ではないのです。ですので、不妊治療をおこなうために検査を受ける際には、必ずご夫婦そろって受診してください。

女性もそうですが、男性の場合は特に産婦人科の門をくぐる事に、どうしてもためらいが出てしまいます。しかし、自分たちの体の状態を正しく知ることこそ、妊娠に向かっての第一歩です。ここは勇気を持って、2人の赤ちゃんを迎えるための準備として、検査を受けてみましょう。

不妊の原因は男性にも

男性不妊の原因とは

男性の不妊の原因には、「造精機能障害」「性感染症」「性機能障害(ED)」などがあげられます。「造精機能障害」とは、「乏精子症」や「無精子症」といった精巣内で健全な精子をつくり出せない、もしくは極端に精子の数が少ないといった症状の事をいいます。こうした場合、自然な性交渉で妊娠することはとても難しくなります。

また、「精路通過障害」といった精巣で正常に精子がつくられていてもその通り道に障害があって、精液の状態が悪くなるという症状もあります。この場合も「造精機能障害」と同じく、自然妊娠は難しいといわれています。こうした身体的な障害とともに、男性不妊の一つである「性機能障害(ED)」は、症状の起こる起因として心因的な要因が大きく関係しているといわれています。

また、機能性疾患による男性不妊も原因のひとつとして注目すべきでしょう。加齢や糖尿病などの疾患により精子数の減少や運動能力が衰えてしまうと、当然妊娠の確率は下がってきてしまいます。根本的治療により改善することもありますので、あいまいな原因で不妊に悩んでいる男性は、ぜひ一度統合医療の受けられるクリニックで詳しい検査を行うことをお勧めします。

男性不妊の治療について

まず、問診・触診・血液検査・精液検査をおこなって、不妊の原因となるような障害の可能性があるかどうかを調べます。その結果問題が見つかった場合は、さらに「精巣生検」や「精管造影」という精密検査をおこない、要因を特定していきます。

男性不妊の治療法としてはホルモン剤などの薬物療法が中心となっていますが、精巣から出ている静脈に血流を邪魔する瘤ができる「精索静脈瘤」など、外科的手術で治療をおこなう症状もあります。また、精巣内で精子がつくられない「無精子症」と診断された場合には、「TESE」という精巣を切開し精巣内にある精子、又は後期精子細胞を直接取り出すという方法があります。

男性不妊の治療について

以前では「無精子症」の場合、妊娠は限りなく不可能でしたが、現在ではこうした技術の発展により体外受精・顕微授精が可能となってきましたので、妊娠の可能性は飛躍的に高くなってきました。